LORO PIANA

Fabrics こだわりの一品のために

Winter Tasmanian Super150'sLORO PIANA

ロロ・ピアーナ伝統のタスマニア島原産の原毛を用いたスーツ用生地、タスマニアンシリーズのウィンターバージョン、「Winter Tasmanian」。20年ほど前は、タスマニアンに用いられていた原毛はスーパー120's程度だったと記憶していますが、現在はより細く貴重なスーパー150's原毛が使用されています。

単純により細い繊維を用いた場合、糸も細くなり織り上がる生地は軽く仕上がります。様々な生地メーカーでスーパー100's以上の原毛がこぞって用いられるようになって以来、生地は軽くなり、仕上がるスーツも軽くしなやかで、確かに着心地は良くなりました。フランネルなどの起毛素材を除く、生地の表面に毛羽を残さないクリアカット生地の場合、260~290gのウェイトが現在の主流といえると思いますが、このウィンタータスマニアンは以前から変わらず340gのウェイトが守られています。非常に細く軽い、スーパー150's原毛を用い、340gのウェイトの生地を織り上げるには、それだけ貴重な原毛をふんだんに用いていることがわかります。このような生地は他のどこのメーカーにも見当たりません。

もちろん、生地表面の艶やかさと肌触りの滑らかさ、上品な光沢感は抜群のクオリティを誇り、なおかつしっかりとした厚みと膨らみをもつ、稀有な存在の生地といえると思います。

無地やクラシックピンストライプ、バーズアイやグレンチェックといった王道ともいえる柄は常にラインナップされ、そこに少々の流行の柄を差し込んだ、これぞロロ・ピアーナと呼べるコレクションを是非一度ご覧ください。

  • 常にトラディショナルな柄を中心とした、上品なコレクションです
  • カットレングスも常時ご用意しています
  • しっかりとした厚みの340gのウェイト
  • 上品なグレーベージュやブルーグレー等の絶妙なカラーも

この生地を使用したアイテム