TAYLOR & LODGE

Fabrics こだわりの一品のために

TAYLOR & LODGE

1883年に創業しイギリスで最も有名な生地メーカー(ミル)であろう、テイラー&ロッジ。1966年のクィーンズアウォードの受賞以来、常に最高の英国生地を作り続けています。

糸の紡績~織り~仕上げまでの一貫工場が多いイタリアと異なり、イギリスのミルはあくまで「織り」に特化した工場です。元々テイラー&ロッジはイギリス国内でも最高品質の生地を生産していましたが、2004年に紡績から仕上げまでのテキスタイルグループである「BULMER & LUMB(バルマー&ラム) GROUP」傘下となり、現在はグループの力を結集した品質の追求の中で、「織り」の役割を担うようになりました。テイラー&ロッジの名を冠する生地は、グループの最高の原料を用い、技術の粋を結集して製造されています。伝統的な英国生地の特徴や製法の伝統をさらに発展させた、全く新しい英国生地がコレクションの中心です。

「Summer Kid Mohair & Super120's」
春夏向けの英国生地といえば、サマーキッドモヘアとウールの混紡生地が代名詞ですが、様々な事情で近年はモヘアの混紡率が高い生地はあまり生産されなくなってきています。しかし、テイラー&ロッジでは相変わらずのサマーキッドモヘア60%の生地が生産されており、なおかつウールもスーパー120's原毛を用い生地のハリとしなやかさを実現させています。

「Lumb's Golden Bale & Super160's Wool」
近年はスーパー120'sウールなどのように、ウール原毛の繊維の細さによって生地原料の良質さを示すことが一般的です。世界で初めてScabalがスーパー100’sコレクションを発表したのが1967年。同時期の1960年代に「JOSEPH LUMB & SONS(ジョセフ・ラム)」というスピナー(糸の紡績会社)が厳選したウール原毛を特別な製法で紡いだ糸を発表しました。それが「Lumb's Golden Bale(ラムズゴールデンベイル)」です。テイラー&ロッジの現在の親会社バルマー&ラムはそのジョセフ・ラムの流れを汲む会社のため、ラムズゴールデンベイルはテイラー&ロッジのみが扱うことのできるウール糸とされています。こうした英国伝統のウール糸であるゴールデンベイルとスーパー150'sや160's糸の混紡のような、伝統と現代性を融合させた新しい生地の生産もテイラー&ロッジの得意とすることころです。

http://www.taylorandlodge.com/

  • 「Summer Kid Mohair & Super120's」
  • 「Lumb's Golden Bale & Super160's Wool」
  • 「Lumb's Golden Bale & Super150's Wool」