LANIFICIO F.LLI CERRUTI

Fabrics こだわりの一品のために

LANIFICIO F.LLI CERRUTI

1881年に創設された毛織物工場は北イタリア・ビエラの中心部に位置し、今も設立当初と同じ場所で最高品質のウールを用いた生地の生産を続け、高級生地メーカーとしての格式を保持し続けています。ウール原毛から最終仕上げまで完全管理される一貫工場であり、各工程へのこだわりがイタリアの他の生地メーカーとは明らかに異なる方向性に如実に現れています。

チェルッティは"CERRUTI 1881"のブランドで世界的に高い知名度がありますが、このブランドは一族のNino Cerruti(ニノ・チェルッティ)が第二次世界大戦後、デザイナーとしてパリでプレタポルテ(既製服)事業を始めたのがきっかけとなっています。

チェルッティの生地の特徴は、その独創的な色柄のデザイン力です。プレタポルテ事業で培った経験から、モードの感覚を服地のデザインに取り入れることに長けており、色柄のデザイン性の高さは他のメーカーが真似ることのできない先見性とオリジナリティを持っています。当店が取り扱いを始めた1980年代後半から現在まで、このチェルッティの独自性は全く変わっていません。

http://www.lanificiocerruti.com/

  • 「Capriccio XVI」
  • 「Oxygen Jacket Winter Collection」
  • 「Prestige 130's」
  • 「Prestige 130's」を用いたスーツ