Formal Fabrics

Fabrics こだわりの一品のために

Formal Fabrics

現代のフォーマルな装い、タキシードやモーニングコートに適した生地。黒が基本とはなりますが、同じような黒の生地がたくさんあり、何を基準に選べば良いのかわかりにくいかもしれません。

”伝統的に”という観点でいえば、「タキシード(スモーキングジャケット)にはタキシードクロスやモヘアバラシャの織りの生地を比較的よく用いた」という歴史があります。ただタキシードも誕生から100年以上が経つ中で着こなしやバリエーションは常に変化しており、仕立てに用いられる生地についても、原毛や染色技術・織組織など日々進歩しています。

特に、タキシードやモーニングコートの他に冠婚葬祭用の略礼服という装いがある日本では、フォーマルの用の生地の生産が非常に盛んです。より深みのある黒色を表現する染色技術や、静電加工、通気性、防シワ加工など、様々な特性をもった生地が生産されています。伝統的な織りを中心とした輸入の生地も含め、様々な特徴のある生地の中から、仕立てる服や、ご要望に合わせて最適な生地をお選びいたします。

また、ブラックタイの黒タキシードとは別に、デザイン性を高めたり、黒以外の色を用いるパーティタキシードも存在します。こうしたタキシードはパーティ用のスーツとの区別が難しくなってきますが、シルクとウールの混紡や、生地表面に強い光沢の現れる仕上げを行った生地など、華やか装いに適した生地も同じくたくさんご用意しています。

  • ミユキ 黒を中心としたフォーマル素材専用バンチ
  • DRAPERSのフォーマル素材バンチ「The Bingley」
  • 「The Bingley」には黒はもちろん華やかなパーティスーツ・タキシードにお勧めの生地も

この生地を使用したアイテム